​てづくり工場組合とは

​目的

『町工場の町工場による町工場のための集まり』

金属製品製造業は装置産業であるため、大手企業が資本力を背景に益々影響力を増していきます。

 

そんな中、これからの町工場はどうあるべきか。

その答えを探すため、鐵(てつ)のまち 九条を中心とした町工場の後継者が集まったのが「てづくり工場組合」です。

てつ(鉄)+ものづくり(製造業)=てづくり(手作り=我々の技術)

 

この名前は、鉄を扱う町工場の技術を発信したいという想いを込めてつけました。

ヒト・モノ・カネが限られた町工場があしたを描くためには力を合わせるしかありません。

私たちは歴史ある産業集積地「鐵のまち 九条」の地域ブランド化を目指します。

そして、将来経営者になるために、その過程において共に学び、共に成長していきます。

家業を継続し、より発展させるため。鐵のまち九条を盛り上げて町の技術を継承していくため。

いま、町工場後継者の挑戦が始まります。

メンバー紹介

櫻井 宏充

代表

​やるときゃやるよ。とことんやるよ。

黄山 琢真

副代表

曲げられない鉄はない。マゲストロのキーヤン。

山崎 賢一

技術部長

​加工技術なら任せておきな。

土井 隆

全てのオチが俺を待っている。

森 雄一

​100万馬力の新メンバー。

柊谷 篤司

柊谷熔接所

​鐵のまち九条に金の雨を降らせる男。

田村 有紀晃

株式会社田村商店

3度の飯より経営が大好き。

Please reload